滅菌・衛生管理について

クリーンスタッフによる徹底した衛生管理

当院では患者さんに安全な環境下で治療に専念していただけるように、院内感染の防止および滅菌対策に取り組んでいます。滅菌性に優れていることを示すクラスBの滅菌器「バキュクレーブ31B+」を導入しているのはもちろん、衛生管理を専門とするクリーンスタッフを配置し、責任を持って徹底した滅菌を行っておりますのでご安心ください。

滅菌に対する考え

滅菌に対する考え

歯科医院側のお話になってしまいますが、衛生面は診療において保険請求ができません。要するに、歯科医院にとっては衛生面を徹底することはコストがかかることなのです。しかし、当院ではそれ以上に患者様に安全・安心な治療をご提供したいという強い想いがあります。

クラスBの滅菌器

クラスBの滅菌器

当院では、滅菌性に優れたクラスBの滅菌器「バキュクレーブ31B+」を導入しています。クラスBというのは、衛生規格EN13060において最も厳格とされるヨーロッパの基準のことで、日本における導入率は2%程度と言われています。

クラスBの基準

当院では徹底した滅菌・衛生管理を行っています

「医療先進国の規格に適した滅菌クオリティを備えている」
「徹底的な空気除去による高温高圧滅菌が可能である」
「さまざまな種類・形状の機器を滅菌できる」
「バキュクレーブ31B+」なら、中空のもの、多孔性のもの、包装物・非包装物を問わず高いレベルで滅菌することができる

安心・安全のための当院の取り組み

コップやエプロン、ヘッドカバーなどは患者様ごとにディスポーザブル(使い捨て)のものを使用します。

安心・安全のための当院の取り組み

滅菌できないライトのハンドルや治療椅子のスイッチなどは、サーフィスバリア(使い捨てビニール)で覆います。

安心・安全のための当院の取り組み

滅菌できない器具にはスリーブ(ビニールのさや)をかけており、診療ごとに交換します。

安心・安全のための当院の取り組み

切削器具(歯を削る機械)は診療ごとに交換しています。

当院で使用しているその他の滅菌器について

サンクレーブSGC-220

サンクレーブSGC-220

歯科医療機器を滅菌するための装置です。一般的な医療機器から複雑な形状をした機械や器具まで滅菌できます。滅菌難易度として最高レベルであるクラスBに該当しないもの(クラスS・クラスN)は、これで滅菌をしています。

EXクレーブⅡ

EXクレーブⅡ

歯を削り出すタービンやハンドピース、ドリルなどの器具を滅菌するのに、大型高圧蒸気滅菌器を使用すると時間がかかってしまうため(約50分)、次々とご来院くださる患者様に間に合いません。そこで、当院ではわずか10分~14分とスピーディーに滅菌できる小型高圧蒸気滅菌器を導入し、安全を確保しながら時間短縮も実現しました。患者様ごとに滅菌したてのものを使用しています。

ホリホープデンタル

ホリホープデンタル

オートクレーブでは適応でいない器具を、ホルマリン(消毒剤)を使って滅菌するガス滅菌装置です。細菌やウィルスに非常に強い殺菌力を持つホルマリンを使用することによって、高温に弱いエラスティック製やプラスチック製のものもしっかりと滅菌することができます。ランニングコストが高く、手間もかかるので、導入している歯科医院はまだ少ないようですが、当院では院内感染予防に欠かせない装置であると認識しています。

タービン洗浄&オイル注入器「NSK Care 3 Plus」

タービン洗浄&オイル注入器「NSK Care 3 Plus」

歯を削るドリル(タービン)を洗浄、オイル注入する機器。タービンまで洗浄することで、院内感染の防止に努めております。

超音波洗浄器

超音波洗浄器

繊細な汚れを薬液と超音波振動で洗浄する機器。オートクレーブやガス滅菌器で滅菌を行う前に予備洗浄として使用します。

医院情報・アクセスはこちらから