幼児期~児童期

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

※クリックすると拡大して表示されます。

こんなお悩みありませんか? 生え替わりはじめたけど
なんだか心配……
大きな奥歯が生えてきたけど
どうしよう……
よくわからない……
自分の歯並びが悪いので
子供の歯並びも不安……

このようなお悩みは、下総中山の「岡本歯科クリニック」までご相談ください。

永久歯に生え替わるときに注意すること

永久歯に生え替わるときに注意すること

幼児期から児童期は乳歯から永久歯に生え替わる大切な時期。きれいな歯並びを手に入れるためには、最初に生えてくる永久歯「6歳臼歯」の生え方はとても重要です。この時期、健康なお口の中を維持するためのポイントがいくつかあります。

永久歯を健康的な歯に

永久歯を健康的な歯に

児童期は幼児期に生えた乳歯が永久歯に生え替わる大切な時期です。乳歯とは異なり、永久歯は生え替わることはありません。これから成長をし、おじいちゃん、おばあちゃんになってからもずっと健康な歯でおいしいご飯を食べられるよう、しっかりと虫歯予防を行いましょう。

永久歯が生える時期と本数

6歳臼歯は虫歯に注意

6歳前後になると初めての永久歯が生え始めます。この一番早く生えてくる永久歯が、「6歳臼歯」です。6歳臼歯は歯列の一番奥に生え、子どものこれからの咬み合わせに大きな影響を与えます。その後前歯から奥歯の順に生えてきます。12歳ごろには6歳臼歯の奥に12歳臼歯が生え、個人差がありますが28本~32本(親知らず含む)すべての歯が揃います。

生えて来たばかりの6歳臼歯には深くて細い溝があります。そこに食べカスが溜まりやすく、またブラッシングしにくいため虫歯になりやすい歯です。

この大切な6歳臼歯を虫歯から守るために下総中山の「岡本歯科クリニック」では、下記の予防をおすすめしています。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

正しい歯ブラシ方法を身に付け、予防対策します。特に6歳臼歯をしっかりブラッシングできるように指導します。

フッ素塗布

フッ素塗布

乳歯や生え替わって間もない永久歯にフッ素を歯に塗布すると歯質が強化され、虫歯になりにくくなります。フッ素を歯に塗るだけの処置なので痛みはなく、小さい子どもでも恐怖心を感じることはありません。

シーラント

シーラント

6歳臼歯が虫歯になりやすい原因となる細くて深い溝。その溝を虫歯になる前に歯科用プラスチックで埋める予防法です。表面に凹凸がなくなった歯は食べカスも残りにくくなり、虫歯の予防につながります。溝を埋めるだけの処置ですので痛みもありません。

今後の咬み合わせを左右する6歳臼歯

今後の咬み合わせを左右する6歳臼歯

6歳臼歯は永久歯の中で最も早く生えてきます。生え始めは5~6歳ごろ。あごの成長によって真っ直ぐに生えてこないこともあり、6歳臼歯の生え方はそれ以降に生えてくる永久歯の生え方にも大きな影響を与えます。

きれいな歯並びは一生を通じて身体の健康につながります。6歳臼歯が生える時期にはその生え方に注意してあげましょう。そして、気になることがありましたら当院へお気軽にご相談ください。矯正治療を含め、最善を尽くした治療のご提案をさせていただきます。

正しい歯並びのためにできること

正しい歯並びのためにできること

歯並びは遺伝的な要因が大きいですが、虫歯で歯を失ったままにしておくこと、食べ物をしっかりと咀嚼(そしゃく)しないことによるあごの発達の遅れ、舌で歯を押してしまうなどの癖によっても乱れることがあります。きれいな歯並びを手に入れるためにはいくつかのポイントがあります。

虫歯を予防するために

虫歯を予防するために

虫歯が悪化して大部分が溶けてしまうと、抜歯しか手立てがなくなることもあります。虫歯から歯を守るために食事の後は毎回ブラッシングをきちんとしましょう。

小さな異変もすぐに対処するために

小さな異変もすぐに対処するために

定期検診はなかなか見つけにくい小さな変化にもすぐに発見でき、対応できます。忘れずに受けるよう心がけましょう。

あごの発達を促すために

あごの発達を促すために

数十年前と比べ、食の欧米化が進んだ今、やわらかい食べ物を中心にした食生活が一般的になっています。しかしあごの健全な発育にはやわらかい食べ物だけではなく、硬い食べ物の咀嚼も欠かせません。あごの発達を促すためにも意識して食事やおやつに取り入れましょう。

歯に影響を与える悪癖

歯に影響を与える悪癖

些細な行動でも毎日、繰り返し行えば歯列やあごの発達に影響を与えます。頬杖や舌で歯を押し出すなどの癖があるときはすぐにやめさせましょう。

小児矯正について

小児矯正について

子供の矯正治療の特徴は顎の成長を利用するということ。成長期のまだ小さなうちから、はじめれば抜歯をしなくても歯を正しい位置に導くことが可能です。また、本格的な矯正治療を行う期間も短縮することができるのもメリットです。矯正治療は早ければ早いほどよいというものではなく、治療法やタイミングは症状によって異なりますので、ぜひ一度当院までご相談ください。

床矯正

床矯正

床矯正は、お子様の成長する力を利用して顎の骨を適切な位置に整え、歯列を矯正する治療です。成長期に顎を広げるように調整し、歯の生えるスペースを確保し歯並びを整えていきます。「取り外しできる」「痛みが少ない」「抜歯をしなくても済む」「比較的リーズナブルである」といったたくさんのメリットがあります。

ご相談・ご予約はこちらから