成人男性

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

※クリックすると拡大して表示されます。

こんなお悩みありませんか? 最近、口臭が
気になるようになった……
タバコが歯の健康に良くない
らしいがやめられない……
歯を磨くと血がでるけど
これって大丈夫かな……

このようなお悩みは、下総中山の「岡本歯科クリニック」までご相談ください。

歯の健康も身だしなみの1つ

歯の健康も身だしなみの1つ

人と接する職業では相手に与える印象はとても大切です。商談するときには黄ばんでいる歯よりも清潔感のある白い歯の人の方が好印象を与えます。また口臭のないきれいな息なら話も弾むでしょう。きれいな口元は仕事ができる印象を与えます。男性も見た目にこだわる時代。しっかりとケアをしてきれいな口元を保ちましょう。

歯が抜けてしまう怖い病気~歯周病~

歯が抜けてしまう怖い病気~歯周病~

歯を失う原因はいろいろありますが、日本では歯周病が最も多いことをご存知でしょうか? 優れた素材の詰め物や被せ物も多数ありますが、自分の歯に勝るものはありません。いつまでも自分の歯で食事を摂り、健康的な生活を送るためにも歯周病予防に取り組む必要があります。

歯周病が悪化すると歯を失ってしまいます

歯周病が悪化すると歯を失ってしまいます

初期の歯周病はほとんど自覚症状がありません。セルフチェックリストに当てはまる症状が1つでもあれば歯周病が疑われます。早期治療を行うために、気になることがあればすぐに下総中山の「岡本歯科クリニック」へご相談ください。

歯周病セルフチェック

下記に該当する項目が1つ以上ありましたら、すぐにご相談ください。

毎日のセルフケアで歯周病を防ぐ

毎日のセルフケアで歯周病を防ぐ

歯周病を防ぐには毎日のブラッシングが有効です。食事の後には欠かさずにブラッシングをしましょう。歯ぐきから出血が見られるときには歯周病にかかっている可能性があります。血が出るのを恐れ、きちんとブラッシングをしないとさらに歯周病が悪化します。気になるときには、すぐにご相談ください。

歯周病予防はプロケアも大切です

審美歯科に興味がある方はこちらから

生活習慣の見直しを

生活習慣の見直しを

歯周病の原因となるプラークは生活習慣と密接な関係があります。毎食後のブラッシングで食べカスを残さないこと、定期検診で徹底的にプラークを取り除くことと同時に喫煙や睡眠不足、食生活など見直す必要があります。心配事や気になることがございましたら、当院へお気軽にご相談ください。まずはカウンセリングを行い、歯周病の予防につながる提案をさせていただきます。

タバコによる影響

タバコによる影響

タバコによる健康被害はいろいろ報告されていますが、全身の疾患だけでなく、お口の中にも大きな影響があることをご存知でしょうか?

喫煙によって歯にはヤニが付き、プラークを付着しやすくします。プラークには歯周病の原因菌がたくさん潜み歯周病になりやすい口腔内環境になるのです。また、ニコチンは血管を収縮させ、体内に取り込まれた一酸化炭素はビタミンCや酵素を破壊し免疫力の低下や傷の治癒を遅らせ歯周病を悪化させます。

また、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を悪化させることも知られていますが、あごの骨をもろくし、歯を支えることができなくなることも。歯を失ってしまうリスクが高めてしまうこともあります。

口臭に気を使いましょう

口臭に気を使いましょう

他人の口臭が気になったことはありませんか? 「もしかして自分も?」と心配になった経験はありませんか?

ニンニクなど臭いが強いものを食べたときには誰でも口臭が気になります。しかしこれは時間がたてば消える口臭です。また内蔵疾患等による口臭もありますが、お口の中が原因の口臭は大きく2つ考えられます。

舌苔
舌に粘着質の白いものがついていることはないでしょうか? 本来、舌はきれいなピンク色をしていますが、口腔内の粘膜細胞が剥がれ、腐ったものが舌に着くことがあります。これが舌苔(ぜったい)です。
舌苔は臭いがきつく、口臭の原因となります。ブラッシングの際、舌についている舌苔も取り除くようにしましょう。
歯周病
歯周病は進行すると口臭を悪化させます。口臭がひどくなったと自覚症状があるときには、すぐに受診し歯周病の治療を行いましょう。

ご相談・ご予約はこちらから