予防とメインテナンスについて

予防とメインテナンスが重要

予防とメインテナンスが重要

歯は病気にかかったら治療しますが、治療しても大きなダメージを受けます。歯は病気にならないための『予防』が大切。下総中山の「岡本歯科クリニック」では定期検診を行い、歯周病や虫歯の予防に取り組んでいます。治療が終わったら終了ではなく、そのあとのメインテナンスを続けることが重要です。

予防歯科の目的

予防歯科の目的

現在の歯科医院では、虫歯や歯周病の治療の際、歯を金属やプラスチック(樹脂)といった人工物で補う「置き換え治療」が当たり前です。しかし、それはお口の中に異物を埋め込むことであり、必ずしも身体にいいわけではありません。

一度削ってしまった歯は、二度ともとには戻りません。少しでも削ると、その歯の寿命は10年も縮むというデータもあります。つまり、できるだけ歯を削らないようにするためには、どうしたらよいかを考えなくてはならないのです。そこで大切なのは「予防歯科」という考え方。子供のころから口内環境を整えることで、大人(永久歯)になっても虫歯にかかるリスクを下げることができます。それだけでなく、定期健診を心がけることによって早期発見・早期治療を可能にし、一生ご自身の歯で食事を楽しむことができるのです。当院では、予防歯科についても注力しています。

海外と日本の定期検診を受ける割合

海外と日本の定期検診を受ける割合

予防歯科の先進国といわれる、スウェーデンやアメリカでは定期検診を受ける人の割合は80%以上と言われています。対して日本では約5%ほどでしかありません。これは日本では歯医者には「痛くなってから通う」という意識が未だにあるためです。まだまだ予防への意識が低いと言わざるを得ません。

しかし、定期検診を受けるスウェーデン、アメリカの80歳の平均残存本数は多いことからも定期検診がいかに重要であるかが分かります。自分の歯で食事を美味しくしっかり咬めるということは幸せなことです。今一度定期検診の重要性を理解し、予防の意識を高めましょう。

予防メニュー

※左右にスクロールして、内容を確認することができます。

ブラッシング指導 正しくブラッシングを行うと食べカスを取り除くことができ、歯周病や虫歯の予防につながります。お口の中は一人ひとり違います。お口の状態に合わせたブラッシング指導を行い、毎日のホームケアにお役立ていただけます。
ブラッシング指導
スケーリングとルートプレーニング 正しいブラッシングを行えば食べカスの大部分は取り除くことができますが、歯と歯ぐきの間にある狭い歯周ポケットの汚れは取り除くことができません。そこで歯周ポケットに溜まったプラークを取り除くため行うのがスケーリングとルートプレーニングです。
スケーリングはスケーラーという専用機器を使用し、歯の汚れを徹底的に除去。その後、徹底的にエナメル質を磨き表面を滑らかにするルートプレーニングを行います。
硬く、つるつるになった歯の表面には汚れが付きにくく、歯周病や虫歯の予防ができます。
スケーリングとルートプレーニング
スケーリングとルートプレーニング
PMTC 専用器具を使用したメインテナンスです。細かい汚れや着色を専用の歯面研磨剤で磨いてきれいに落とします。患者さんのお口の中を知り尽くした担当衛生士が処置を行いますのでご安心ください。
PMTC
フッ素塗布 フッ素には、虫歯菌が出す酸への抵抗力を強める働きがあるため、予防に効果的です。また、効果をより持続させるためには定期的にフッ素を塗布することが必要です。
フッ素

定期検診が大切です

定期検診を受けましょう

毎食後のブラッシングはお口の中の健康を守るためにとても大切です。しかし、それだけでは恐ろしい歯周病や虫歯を防ぐことはできません。ホームケアと同時に、プロケアで効果的に予防を行いましょう。

当院では定期検診をおすすめしています。担当衛生士が定期的にお口の中をチェックすることで普段の状態をよく知ることができ、小さな異変をすぐに発見することができます。大切なのは予防と再発防止です。治療が終わっても安心せず、メインテナンスに取り組み、病気にならない口腔内環境を整えましょう。

検診は専門技術の高いスタッフが対応

検診は専門技術の高いスタッフが対応検診は専門技術の高いスタッフが対応

当院では専門技術の高い衛生士が検診いたします。また、最終確認を院長が行いますので、安心してご来院ください。

ご相談・ご予約はこちらから